スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Round 3:田中 久也(東京) vs. 仙波 恒太郎(千葉)

Yuuta Okauchi



 ここまでの2回戦を終えて、2-0という幸先のいいスタートを切ったプレイヤーの中から、強豪プレイヤー同士の対決をお送りしたい。

 仙波が操るのは『Ad Storm』。レガシーでは最も有名と言っていいコンボデッキだ。今日初めて使うデッキのようだが、ここまで好調な滑り出しを見せている。

 対する田中のデッキはシャッフルの合間に見える土地とスペルから察するに赤青のカウンターデッキのようだが、どうやら勝ち手段として懐かしのコンボが搭載されているようだ。
Game 1


 先手の仙波が《汚染された三角州/Polluted Delta》《Underground Sea》と土地を並べ、田中は仙波の2ターン目の終りに《渦まく知識/Brainstorm》をプレイ。このマナが無いタイミングで仙波は《汚染された三角州/Polluted Delta》を起動。《もみ消し/Stifle》を意識したプレイングだ。一方の田中は《Volcanic Island》を置いてターン終了。

 ここで仙波はターン終了時に《神秘の教示者/Mystical Tutor》から《むかつき/Ad Nauseam》をサーチしてくる。

 そして安全確認のための《強迫/Duress》。田中は『Ad Storm』相手に対しては無駄牌となってしまう《ヴィダルケンの枷/Vedalken Shackles》をまとめて引いてしまっており、無抵抗のハンドが暴かれてしまう。

 そして2枚の《暗黒の儀式/Dark Ritual》と《裏切り者の都/City of Traitors》から《むかつき/Ad Nauseam》がプレイされる。ここで新たな《暗黒の儀式/Dark Ritual》と《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》が獲得され、十分なマナとストームからの《苦悶の触手/Tendrils of Agony》が田中のライフを一瞬で吸いつくした。

田中 0-1 仙波

Game 2


 田中は7枚を見るなりマリガン。

 田中の1ターン目は《Volcanic Island》から《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》を置く、1マリガンにしては上々の立ち上がり。

 だが、一方の仙波も《Underground Sea》《金属モックス/Chrome Mox》(刻印は《神秘の教示者》)から《闇の腹心/Dark Confidant》というロケットスタートを決める。

 2ターン目のアップキープにめくれたのは《思考囲い/Thoughtseize》。だがこれは温存し、まずは《強迫》でハンドを確認。田中のハンドは《知識の渇望/Thirst for Knowledge》《Force of Will》《狡猾な願い/Cunning Wish》と…………《ドラコ/Draco》?仙波は怪訝な顔をしつつも、何となくは予想がついたようで《狡猾な願い/Cunning Wish》を落とす。続けて《師範の占い独楽》をプレイ。田中は長考するもこれを通し、《Force of Will》を温存する。

 そして仙波のターンエンドに《師範の占い独楽》を起動するが、ライブラリーの上3枚には土地が無く、《霧深い雨林/Misty Rainforest》を起動してライブラリートップを新しくして、再び《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》を起動するが、ここにも土地はなく、ノーアクションでターンを返す。

 一方の仙波も田中のターン終了時に《師範の占い独楽》起動→フェッチランドを起動→《師範の占い独楽》起動とライブラリーを掘り進める。

 《師範の占い独楽》と《闇の腹心》の抜群のシナジーが、仙波にカードを供給し続ける。地味だが、2点のアタックも、《苦悶の触手/Tendrils of Agony》に必要なストーム数が減るという重要な役割を持っている。

 さらに仙波は《思考囲い/Thoughtseize》でハンドを攻める。田中はスタックで《渦まく知識/Brainstorm》をプレイし、手札で腐っていた《ドラコ/Draco》をライブラリートップに戻し、《うつろう爆発/Erratic Explosion》が墓地に落ちる。ここで田中のデッキが『ドラコ爆発』を軸にしたデッキということが明らかになる。

 《師範の占い独楽》を残すと簡単にコンボが決まってしまうので、仙波は《クローサの掌握/Krosan Grip》をこれに撃ち込む。田中はエンドに《稲妻/Lightning Bolt》で《闇の腹心/Dark Confidant》を除去するも、土地は相変わらず2枚で止まったままだ。おまけに《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top(CHK)》を失ったことで、《ドラコ/Draco》という現在役に立たないカードを抱えてしまう。

 十分に土地が並び、仕掛けるタイミングとなったを踏んだ仙波は、田中のターン終了時に《神秘の教示者/Mystical Tutor》で《強迫/Duress》を積み込み、田中の虎の子の《Force of Will》を叩き落とす。

 そして《水蓮の花びら/Lotus Petal》から《思考囲い/Thoughtseize》、《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》と十分にマナを増やしたうえで《神秘の教示者/Mystical Tutor》プレイから《師範の占い独楽》でのドローを経由して《苦悶の触手/Tendrils of Agony》を獲得。《闇の腹心》のアタックですり減っていた田中のライフは、あっさりとなくなってしまったのだった。

田中 0-2 仙波

仙波恒太郎 Win!

 試合終了後のフリープレイでは、「サイド後はすごい楽になるはずなのになー」との田中の呟きの通り、田中が仙波の仕掛けをかわし切り、《狡猾な願い/Cunning Wish》からの《悟りの教示者/Enlightened Tutor》で《ドラコ/Draco》を積み込み、16点の《うつろう爆発/Erratic Explosion》を決めてみせた。
ブログ移転しました
Event Coverage & Decklist Archive
晴れる屋トーナメント情報
Twitter
 
プロフィール

晴れる屋ブログ

Author:晴れる屋ブログ
CARDSHOP晴れる屋スタッフによるブログです。

お店の在庫情報や値下げ情報等の最新情報、大会カバレッジ等を掲載中。

ショップはこちらから↓↓↓
英語版品揃え日本一を目指す!
【MTG通販晴れる屋】

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。