スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Round 2:北野 考俊(千葉) vs. 杉田 智博(埼玉)

By Yusuke Oosaka


エルドラージvs《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》

とてつもなく巨大なクリーチャー同士のぶつかり合い。

 Rise of the Eldraziにより追加された新たな世界観である「エルドラージ」の使い手は千葉の北野。ここ3年の間にAMCで2、3回優勝をした実績を掲げ、新世界の代表選手としての試合に挑む。

 World Wakeの神話レアである《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》を駆使するのは、埼玉の杉田。「深淵の迫害者が好きすぎて、白黒、緑黒と色を変えて使い続けてきました」と、語る程に迫害者を愛する杉田。

レガシーの世界における2つの神話をかけた戦いだ。
Game 1


 先手の北野が《森/Forest》、《ほくちの壁/Tinder Wall》を出した返しで、杉田が《陰謀団式療法/Cabal Therapy》をキャストし《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》を指定するが、公開された北野の手札は《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth》を含むエルドラージな手札。杉田が溜息を漏らす。


 その後、杉田が《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》、《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》と展開するのを、《雲上の座/Cloudpost》を3枚出しながら、じっとエルドラージの時を待つ北野。

 杉田の《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》が召還酔いから覚めたところで、《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》から《融合する武具/Grafted Wargear》をサーチし、《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》に装備し、パワー6に+3をした上での賛美1で10点のダメージを与える。次のターンには《融合する武具/Grafted Wargear》の効果により10点を与えた上で「ゲームに勝利できない」デメリットを解消する装備品により、最強の生命体となったワールドウェイクの使者。

1ターンの猶予になってしまった、北野の場には《雲上の座/Cloudpost》と、《雲上の座/Cloudpost》になった《ヴェズーヴァ/Vesuva》が合計4枚。

 「16マナしか出ないなー」とつぶやく北野の手札には高コストのカードが山盛。《ウギンの目/Eye of Ugin》を置いた上で、まずは《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth》で4枚ドロー。引いたカードの中に《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》を対処するためのエルドラージカードが。《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth》。エルドラージ界の《神の怒り/Wrath of God》にあたるカードだが、《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth》は神の怒りには触れない。

 場に残ってしまった《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth》を《剣を鍬に/Swords to Plowshares》で12ライフを与えつつ対処する杉田だが、次のターンには2体目の《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth》を出されてしまう。

2体目のコジレックの滅殺を受けた後、「次にいきましょうか」と杉田は敗北を認めた。

第一次大戦はエルドラージの勝利。



Game 2



 先手の杉田は1ターン目に《貴族の教主/Noble Hierarch》からの好スタートに見えたが、3ターン目に土地を置けずに《極楽鳥/Birds of Paradise》という、ちぐはぐな立ち上がり。手札に控える《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》の出番が1ターン遅れてしまう。

北野は、《根の壁/Wall of Roots》、《ほくちの壁/Tinder Wall》、《草茂る胸壁/Ovrgrown Battlement》と展開するが、エルドラージ世界の10マナは遠い。

 杉田が4ターン目に《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》をキャストし、5ターン目に《融合する武具/Grafted Wargear》と賛美をまとい、10点のダメージを与える。

 エルドラージの10マナに到達できない北野は、「マナが少ないなー」とつぶやきながら《ペラッカのワーム/Pelakka Wurm》を場に送り出し、7点回復し、《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》の攻撃からライフを守る。

しかし次のターンには杉田の必殺技が炸裂。

《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》の攻撃で10点!

《消耗の儀式/Rite of Consumption》で生贄に捧げて10点!!!

《ペラッカのワーム/Pelakka Wurm》による7点回復では《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》の猛攻を止める事はできなかった。

エルドラージと《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》による巨大な対決は最終戦へと。


Game 3


杉田「なんのゲームやってんだろ?」

北野「マジックではないですね」

よく見るマジックではないが、とても面白くて素敵なマジックだと思う。


 先手の杉田が《陰謀団式療法/Cabal Therapy》で《根の壁/Wall of Roots》を見事読み当て、2枚目の《陰謀団式療法/Cabal Therapy》で《永遠の証人/Eternal Witness》を捨てさせる展開からの立ち上がり。

 さらに杉田は《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》に《貴族の教主/Noble Hierarch》2体の賛美3で手札がスカスカになってしまった北野を攻めるが、北野が《調和/Harmonize》を引き当て、手札を補充した上で、《根の壁/Wall of Roots》、《ほくちの壁/Tinder Wall》、《草茂る胸壁/Ovrgrown Battlement》でマナを溜めていく。

 ライフが危険水域になった北野だが、《コジレックの職工/Artisan of Kozilek》をキャストし、ブロックで死んでしまった《根の壁/Wall of Roots》を場に呼び戻す。《破滅的な行為/Pernicious Deed》をキャストする杉田に対して北野は「X=9起動とかお勧めですよ」と言うが、杉田の場には土地は7枚しかない。滅殺を受けながら土地を伸ばす事などできない。

 《コジレックの職工/Artisan of Kozilek》の滅殺2でマナが減ってしまった杉田だが、次のドローで《滅び/Damnation》を引き当て、コジレックの脅威を排除する。

互いに脅威を展開できないままにターンが経過するが、北野が《巻物棚/Scroll Rack》を引き当て、手札を1,2,3枚と増やしながら《輪作/Crop Rotation》をからめて、マナと手札を補充。手札整理を終えた北野は《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth》をキャストし4ドロー。《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth》自体は《剣を鍬に/Swords to Plowshares》で対処されてしまう。

しかし、約20マナを出せるエルドラージデッキの4ドローは強烈であった。




《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》によってもたらされた追加ターンで15/15が殴りかかろうとするところで、杉田は《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》を対象に《剣を鍬に/Swords to Plowshares》をキャストしようとする。

しかし、無色エルドラージの最終兵器に有色の呪文などは唱える事すら叶わなかった。

そう、この対戦において、色が無い事こそが正義なのだ。



北野 考俊 2-1 杉田 智博

テーマ : Magic:The Gathering
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ移転しました
Event Coverage & Decklist Archive
晴れる屋トーナメント情報
Twitter
 
プロフィール

晴れる屋ブログ

Author:晴れる屋ブログ
CARDSHOP晴れる屋スタッフによるブログです。

お店の在庫情報や値下げ情報等の最新情報、大会カバレッジ等を掲載中。

ショップはこちらから↓↓↓
英語版品揃え日本一を目指す!
【MTG通販晴れる屋】

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。