スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイックインタビュー~エルドラージ覚醒がレガシーに与える影響~

BY Shiro Wakayama

 つい先日発売された新エキスパンション"エルドラージ覚醒"。
 サードエキスパンションにして大型エキスパンションという今までのマジックの歴史でみても異彩を放つエキスパンションである。
 広大なカードプールから厳選されたカードを選びデッキを作り上げるレガシーフォーマットだが、今回の新エキスパンションの影響が少なからずあるようである。
 前回の第1回晴れる屋×龍王戦の優勝者と準優勝者が今回も参加してくれているので、トーナメント開始前にインタビューを行ってみた。

■レガシーフォーマットにおける、エルドラージ覚醒で気になるカードは?

夏目 拓哉(山梨)
《珊瑚兜の司令官/Coralhelm Commander》
「めちゃくちゃ強いです。ただ4/4飛行クリーチャーとして強いです。《タルモゴイフ/Tarmogoyf》と《ロウクスの戦修道士/Rhox War Monk》を超えて殴れますからね。最初はそんなに使えないかなと思ったんですが、回してみて強さに驚きました。」

《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
「自分は作れなかったんですけどね。《騙し討ち/Sneak Attack》で殴られたらほぼ負けですし。今日のトーナメントは怖いですね。いつ殴られるか凄く不安です。」


金澤亮
珊瑚兜の司令官/Coralhelm Commander
「今までは《銀エラの達人/Silvergill Adept》、《アトランティスの王/Lord of Atlantis》、《メロウの騎兵/Merrow Reejerey》、《呪い捕らえ/Cursecatcher》の16枚がマーフォークデッキのクリーチャー固定パーツでしたが、今後のマーフォークの固定パーツになると思います。《霊気の薬瓶/AEther Vial》から出す前提であれば、4マナで4/4飛行のロードですからね。相当強いですよ。」

コジレックの審問
「一時期レガシーでは強いって言われてましたけど、最近《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》をはじめとするプレインズウォーカーが増えていたり、そもそもANTの《むかつき/Ad Nauseam》が落とせないんですよね。《Force of Will》も落とせないですし。結局《思考囲い/Thoughtseize》が一番強くて、5枚目以降の手札破壊は《強迫/Duress》が優先されるケースが多い気がしています。」


青いデッキ全般に強いということで、様々なレガシーの大会で安定して成績を残しているマーフォーク。二人の弁を信頼するならば明確に強化されたこのデッキが今後のレガシーのTier1として猛威を奮うのだろうか?
また、誰もが夢を見たくなるエルドラージデッキ。会場でも《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth》にアタックされたとの被害報告も出ている。今後のレガシーのメタゲームがどうなっていくのかにも注目してみたい。

テーマ : Magic:The Gathering
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ移転しました
Event Coverage & Decklist Archive
晴れる屋トーナメント情報
Twitter
 
プロフィール

晴れる屋ブログ

Author:晴れる屋ブログ
CARDSHOP晴れる屋スタッフによるブログです。

お店の在庫情報や値下げ情報等の最新情報、大会カバレッジ等を掲載中。

ショップはこちらから↓↓↓
英語版品揃え日本一を目指す!
【MTG通販晴れる屋】

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。