スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Round1:斎藤 友晴(東京)VS逢坂 有祐(北海道)

By Shiro Wakayama

普段はプレミアイベントに向けて、様々なフォーマットでの練習会が頻繁に行われている斎藤邸。通称"はるるーむ"。

今日はバック・ドラフトというプレミアイベントで採用されることはないであろう、特殊なフォーマットでの対決がなされることとなった。
ワールドウェイク発売前かつ、プロプレイヤーとしてはオフシーズンであるという事が大きな要因だ。

晴れる屋店主でもあり、トーナメントの最前線で活躍する説明不要の男、斎藤友晴。優勝候補の一人と言えるだろう。
対するは、北海道の雄、逢坂有祐。本人いわく、「ゼンディカー環境のドラフトなら日本で5本の指には入る」らしい。
完全に自称らしいのだが、このビッグマウスが、北海道謹製の《叫び大口/Shriekmaw(LRW)》なのかどうかを決めるにはちょうどいい機会かもしれない。
Game1

斎藤は《探検者の望遠鏡/Explorer's Scope(ZEN)》、《開拓地の先達/Frontier Guide(ZEN)》、土地5枚というマナベースを安定させる気満々の手札をキープ。
1,2t目とスムーズに動く斎藤に対して、逢坂は土地を置いてターンを返すのみ。
3t目にさらに《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition(ZEN)》を置いて、《望遠鏡》を《開拓地の先達/Frontier Guide(ZEN)》にまとわせるとアタック。すさまじい勢いでマナを伸ばしていく斎藤に対して、逢坂は静かに土地をおいて沈黙を保ち続ける。

4マナ揃えた斎藤は、次のターンのビッグアクションの為に、《開拓地の先達/Frontier Guide(ZEN)》を攻撃に参加させず、マナブーストの構えをとり、《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition(ZEN)》の起動も含めれば、5t目にして、8マナの供給が可能という体制を作り上げる。

対して逢坂のファーストアクションは《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya(ZEN)》。ライブラリートップからさらに土地を追加させ、ターンエンド。

圧倒的なマナを確保した斎藤のとった選択は。。。ターンエンド。
手札を覗いてみると、4枚の手札は全て土地。マナフラッドというか、すでに5t目だが、マナ関連のカードしか引いていないことになる。

対する逢坂は、《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya(ZEN)》の能力で2枚の土地を置くとライブラリートップから《潮汐を作るもの、ロートス/Lorthos, the Tidemaker(ZEN)》がこんにちは。次のターンには、場に出てきてしまう、タコの親分。《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir(ZEN)》で《開拓地の先達/Frontier Guide(ZEN)》を場からどかし、さらに《霊気の想像体/AEther Figment(ZEN)》を戦線に加えると、斎藤は感じのいい笑顔で負けを認めた。

斎藤0-1逢坂

Game2

土地6枚と《カビのシャンブラー/Mold Shambler(ZEN)》という手札を小考しながらキープした斎藤。

先手の逢坂は1t目《墓所王の探索/Quest for the Gravelord(ZEN)》、2t目《輝刃の探索/Quest for the Gemblades(ZEN)》と力を溜める。

対する斎藤は、5マナ揃えたところで小考。《秘宝の破壊/Relic Crush(ZEN)》が手札にあり、目の前に危険なエンチャントが並んではいるが、斎藤は、逢坂のデッキに入っている《巨身化/Gigantiform(ZEN)》の存在を知っているのだ。
悩んだ末、場にある2枚のカードを破壊すると、《カビのシャンブラー/Mold Shambler(ZEN)》で逢坂の《島/Island》を破壊。

更に次のターンには《ニマーナの売剣/Nimana Sell-Sword(ZEN)》を戦線に追加するが、《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir(ZEN)》を2枚抱えていた逢坂は、悠々と盤面をひっくり返す。
齊藤はめげじと《ハグラの悪魔信者/Hagra Diabolist(ZEN)》をプレイするが、逢坂の回答は《松明投げ/Torch Slinger(ZEN)》。

3t連続でアドバンテージを取られたものの、《オラン=リーフの出家蜘蛛/Oran-Rief Recluse(ZEN)》、《カビーラの福音者/Kabira Evangel(ZEN)》とプレイし、何とか場をイーブンに戻す斎藤。

逢坂は、ここで《リバー・ボア/River Boa(ZEN)》を追加し《蜘蛛糸の網/Spidersilk Net(ZEN)》を纏わせる。
齊藤の虎の子《湿地での被災/Marsh Casualties(ZEN)》をケアしてのプレイ。

盤面は膠着したかに見えたが、逢坂が引き込んだのは、齊藤が最も恐れていたカード。。。《巨身化/Gigantiform(ZEN)》。
既に《秘宝の破壊/Relic Crush(ZEN)》を使ってしまっており、齊藤のデッキにはこのカードを対処できるカードが入っていない。
その事をピックした人間である逢坂も当然しっているため、齊藤は素直に負けを認めた。

齊藤0-2逢坂

逢坂win!

テーマ : Magic:The Gathering
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ移転しました
Event Coverage & Decklist Archive
晴れる屋トーナメント情報
Twitter
 
プロフィール

晴れる屋ブログ

Author:晴れる屋ブログ
CARDSHOP晴れる屋スタッフによるブログです。

お店の在庫情報や値下げ情報等の最新情報、大会カバレッジ等を掲載中。

ショップはこちらから↓↓↓
英語版品揃え日本一を目指す!
【MTG通販晴れる屋】

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。