スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決勝: 和田 寛也(東京) vs. 斉田 逸寛(東京)

by Atsushi Ito

 精鋭の中の精鋭。勝者の中の勝者。

 招待された強豪ばかりが集まるこのPWCCで、決勝戦という高みに立ったのは2名。

 "Hanoi"和田。

 メタゲームを読み、デッキを使い慣れたボロスから緑単エルドラージに乗り換えたのが効を奏したのか、3bye明けのフィーチャーマッチでの敗北をものともせずにここまで勝ちあがってきた。第6期ミスターPWCを襲名したばかりだというのにこの男、まだまだ底が知れない。

 そして"Nage"斉田。

 参加者の中で唯一1byeでも3byeでもない2byeを与えられたという事実だけでも、彼もまた「個人戦PWC優勝」と「PWCランキングトップ8」というbyeの条件を両方満たした強者であることは容易に窺われるというものだが、準決勝で高橋を下したときの油断なく落ち着いた立ち回りにはそれ以上の何かを感じさせる。「貴族」相澤の薫陶を受けた《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》を駆り、最後の戦いに臨む。

 相対した2人の流麗にして入念なシャッフルの動きを見ていると、ここまで努力し、研ぎ澄まされ、洗練されたそれはまるで2本の刃のよう。そんな両者がともに勝利者であって欲しいような、どちらも最大限に報われて欲しいような、そういった複雑な気持ちにもなってくる。

 だが、王者は常に1名のみ。

 両雄並び立たず・・・すなわち真剣勝負。だからこそ、光り輝く。

 それを証するかのように、両者は互いに知り合いにも関わらず賞品のスプリットをしていない。斉田はスプリットを希望したが、和田が「澱むから」「真剣勝負なんで」と断っている。漢(おとこ)である。

 緑単エルドラージ対《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》ということでマッチアップ的には斉田が有利だが、和田の益荒男ぶりに勝利の女神が微笑むのか、それとも蛮勇と嘲笑うのだろうか。

Game 1


 ダイスロールで先手をとったのは斉田。

 両者仲良くマリガンすると、斉田は《森/Forest》《山/Mountain》《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》《探検/Explore》《業火のタイタン/Inferno Titan》《業火のタイタン/Inferno Titan》をキープ。和田も《森/Forest》《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》《絡み線の壁/Wall of Tanglecord》《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》《召喚の罠/Summoning Trap》をキープする。

 斉田が《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》でスタート、対して和田は2ターン目に《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》レベルアップから2体目の《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》をプレイ。

 3ターン目に斉田が《探検/Explore》で土地を引き込んで2枚のセットは《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》と値千金の《広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse》。《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》を含め、見事に4ターン目に6マナ出る体制が整っている。

和田も2体目の《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》をレベルアップから《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》をプレイし、土地アンタップから《絡み線の壁/Wall of Tanglecord》といい回りなのだが、後手番なのが響いて1手遅い感じは否めない。

 やはり先にクリティカルなアクションを起こしたのは斉田。エンドに《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》を起動してからの《業火のタイタン/Inferno Titan》が降臨する。これにより《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》を1体が除去され、《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》の忠誠値が3に下がる。さらに《山/Mountain》を置き、《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》の噴火も着々と目指しにいく。

 斉田がプレイしたのが《原始のタイタン/Primeval Titan》ではなくて命拾いしたものの、それでも依然喉元に刃を突きつけられた格好の和田は、7マナからの《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》ではなく、6マナで《召喚の罠/Summoning Trap》を選択。勝つためにエルドラージによる滅殺を狙う。

 しかし7枚の中にエルドラージはなく、《テラストドン/Terastodon》と《原始のタイタン/Primeval Titan》のみ。ここで和田は斉田の後続を断つために《テラストドン/Terastodon》を選択。だが対象3つの判断が難しい。斉田は森森山山山山と《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》1枚という7枚の土地をコントロールしており、どこまで破壊するべきなのか。

 悩んだ結果、和田は斉田の《森/Forest》2枚と《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》を一気に奪い去る。3体の3/3象トークンが斉田の場に出現し、和田はさらなる《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》を追加してターンエンド。

 盤面を整理すると、斉田の場には《山/Mountain》4枚、《業火のタイタン/Inferno Titan》、象トークン3枚。対して和田は《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》2体(1体はレベルアップ済み)と《森/Forest》《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》《惑いの迷路/Mystifying Maze》《絡み線の壁/Wall of Tanglecord》《テラストドン/Terastodon》そして《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》の忠誠値が4。

 斉田は4体で《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》にフルアタック、戦闘時の誘発でまずは《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》2体を葬る。和田は《テラストドン/Terastodon》と《業火のタイタン/Inferno Titan》を相討ちさせることを選択。《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》が葬られる。戦闘後に斉田は《森/Forest》をセット、足止めしたい和田の目論見が外れてしまう。

 《業火のタイタン/Inferno Titan》1枚でかなりリソースを消耗した和田はそれでも《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》を引き込み、さらに唯一残った手札である《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》をX=2でプレイ。《草茂る胸壁/Overgrown Battlement》をサーチし、3/3トークンの群れに備えつつマナを伸ばす。一方斉田は象3体でアタック後、さらに《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》を置きつつ、《耕作/Cultivate》。《森/Forest》《山/Mountain》サーチで《テラストドン/Terastodon》のダメージから早くも完全に復旧する。

 何か有効牌を引きたい和田だがドローは《無限に廻るもの、ウラモグ/Ulamog, the Infinite Gyre》。《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》が2枚あってもなお3マナほど足りない。《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》さえ生き残っていれば・・・

 それでも和田は《惑いの迷路/Mystifying Maze》で象トークンを1体ずつ葬って粘ろうとするが、斉田の膨大な赤マナに裏打ちされた2枚目の《業火のタイタン/Inferno Titan》が、その儚い粘りを無に帰した。

 和田 0-1 斉田

 和田は役に立たない《絡み線の壁/Wall of Tanglecord》を抜き、《成長の発作/Growth Spasm》をサイドインしてマナ面で先んじようとする。

 もっともそれは斉田も同様で、対象が《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》に限定される《稲妻/Lightning Bolt》を抜き、緑単相手で除去される心配がない《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》をサイドイン。

Game 2


 今度は両者7枚でキープ。先手の和田が《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》からのロケットスタート。レベルアップから《草茂る胸壁/Overgrown Battlement》。斉田も《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》で悪くない立ち上がりなのだが、後手ではどうにも間に合いそうもない。

 3ターン目にして6マナ出る和田は早くも《召喚の罠/Summoning Trap》を構えてターンエンド。斉田が《砕土/Harrow》をプレイするのにスタックしてこれをプレイする。かくして7枚から出てきたのは決定的なエルドラージではないものの、ターン数からすれば十分すぎる《原始のタイタン/Primeval Titan》。《カルニの庭/Khalni Garden》《惑いの迷路/Mystifying Maze》がサーチされる。

 だが斉田も《砕土/Harrow》を解決した後、圧縮のために《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》も起動した上でさらに《探検/Explore》をプレイ。追加セットで《山/Mountain》を置いて土地を7枚まで伸ばした上でターンエンド。和田がサーチした土地からはエルドラージの気配は感じられないため、もう1ターン回ってくれば勝機が見えそうだ。


 しかしそんな幻想を打ち砕くかのように、和田は《原始のタイタン/Primeval Titan》でアタックして《ウギンの目/Eye of Ugin》《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》をサーチすると、さらに第二メインに《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》をX=8でプレイ。《テラストドン/Terastodon》が斉田の《森/Forest》《森/Forest》《山/Mountain》を一気に奪い去る。

 1ゲーム目と違って《テラストドン/Terastodon》に決定的な形を作り上げられてしまった斉田は投了するしかない。

 和田 1-1 斉田

Game 3


 先手の斉田は《進化する未開地/Evolving Wilds》《山/Mountain》《山/Mountain》《探検/Explore》《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》《原始のタイタン/Primeval Titan》《原始のタイタン/Primeval Titan》という、4ターン目タイタンが見えるハンドを文句なくキープ。

 対する和田は《森/Forest》《惑いの迷路/Mystifying Maze》《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice》《成長の発作/Growth Spasm》《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》《召喚の罠/Summoning Trap》というハンドを見て、後手のこのハンドで間に合うものだろうかとかなり悩む。

 が、結局これ以上良くはならないと腹をくくったか、キープを宣言する。2ターン目までは斉田の《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》に対して和田の《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice》という予定調和。

 ここで斉田のドローが《耕作/Cultivate》だが、斉田は4ターン目タイタンという最高形を目指して《探検/Explore》をプレイ。残念ながらドローはフェッチではなく《森/Forest》。どうやら斉田のタイタンは5ターン目の登場となりそうだ。

 どうにかこの隙をつきたい和田だが、《成長の発作/Growth Spasm》をプレイしてマナを伸ばしにいくものの、初手から3枚目の土地を引けておらず、セットランドがない。返す斉田の4ターン目は予定通り《耕作/Cultivate》で《山/Mountain》2枚がサーチされ、並べられた土地は森森山山山山と準備万端。さらに盤面には《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》に3個のカウンターが乗り、花開くときを待っている。


 その返しのターンでもなお土地を引けない和田は、《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice》の2枚目をX=1で置きつつ、《転倒の磁石/Tumble Magnet》をプレイして斉田の両タイタンに備えることしかできない。

 そしてついに斉田の《原始のタイタン/Primeval Titan》が登場し、《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》が集められる。和田に残されたターンは少ない。

 5ターン目になってようやく《森/Forest》を引き入れ、6マナ立ててエンドを宣言する和田。斉田は勝利へと向けてアンタップ、ドロー・・・とここで「アップキープ」と和田が制止。このタイミングでおそらく和田にとって唯一にして最後のチャンスとなる《召喚の罠/Summoning Trap》をプレイする。《転倒の磁石/Tumble Magnet》で場に出ている《原始のタイタン/Primeval Titan》を封じている今、《テラストドン/Terastodon》さえ出れば斉田の後続を断っての一発逆転も見える状況だ。

 和田は祈るように7枚をめくる。

 ・・・その中にはしかし、ここ一番で《テラストドン/Terastodon》はもちろん《原始のタイタン/Primeval Titan》すらなく、《草茂る胸壁/Overgrown Battlement》が寂しく出現するのみに終わる。

 和田は一応《転倒の磁石/Tumble Magnet》で《原始のタイタン/Primeval Titan》を寝かせてはみるものの、斉田は2枚目の《原始のタイタン/Primeval Titan》をプレイしてさらなる《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》2枚をサーチ。斉田の場に4枚全てのヴァラクートが揃い、脇には《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》、すなわち。

 和田に24点。

 和田 1-2 斉田

 



 PWCC2011優勝は、斉田 逸寛!!

テーマ : Magic:The Gathering
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ移転しました
Event Coverage & Decklist Archive
晴れる屋トーナメント情報
Twitter
 
プロフィール

晴れる屋ブログ

Author:晴れる屋ブログ
CARDSHOP晴れる屋スタッフによるブログです。

お店の在庫情報や値下げ情報等の最新情報、大会カバレッジ等を掲載中。

ショップはこちらから↓↓↓
英語版品揃え日本一を目指す!
【MTG通販晴れる屋】

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。