スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Round6:相澤 恵司(東京) vs. 坂本 早騎人(千葉)

by Atsushi Ito

 3byeスタートの「スタンダードの貴族」相澤だが、bye明けに1敗を喫し、トップ8を目指す上で既に崖っぷちである。

 さらに、このラウンドで正念場が訪れる。

 対戦相手の坂本は赤単。それも《燃えさし運び/Ember Hauler》を搭載した最新型だ。

 相澤は愛用の「The Standard Perfect Deck」こと《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》デッキとともに、この局面を乗り切れるか。

Game 1


 特徴的な相澤のダイスを使ってのダイスロールの結果、先手は坂本。《山/Mountain》《ゴブリンの先達/Goblin Guide》《稲妻/Lightning Bolt》《稲妻/Lightning Bolt》《よろめきショック/Staggershock》《槌のコス/Koth of the Hammer》《槌のコス/Koth of the Hammer》を少し考えてマリガン。対する相澤は坂本のマリガンを加味して《山/Mountain》《進化する未開地/Evolving Wilds》《探検/Explore》《砕土/Harrow》《砕土/Harrow》《原始のタイタン/Primeval Titan》《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》というハンドをキープ。

 結局坂本はダブルマリガンとなるが、その5枚はフェッチ2枚に《ゴブリンの先達/Goblin Guide》《燃えさし運び/Ember Hauler》《カルガの竜王/Kargan Dragonlord》という素晴らしいハンド。早速その《ゴブリンの先達/Goblin Guide》が相澤に《山/Mountain》を供給する。





 相澤はさらに《広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse》をドローすると、《進化する未開地/Evolving Wilds》をセットし、少考の後に「これを捨てたら驚かれるかもしれないな」と《原始のタイタン/Primeval Titan》をディスカード。仮に4ターン目に《原始のタイタン/Primeval Titan》をプレイできても即座に《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》が誘発する見込みがない以上、盤面処理能力で《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》に劣るとの判断だ。

 2ターン目に坂本は予定通り《燃えさし運び/Ember Hauler》をキャスト。返す相澤のターン、ここでドローは望外の《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》。これを設置する。

 続くターン、坂本は2体でアタックし、これも予定調和の《カルガの竜王/Kargan Dragonlord》。さらに3枚目の土地を置いてレベルアップしてエンド。相澤のライフは既に12な上に、次ターンには《カルガの竜王/Kargan Dragonlord》が4/4となることが確定している。「実質ライフ4か・・・」と漏らす相澤。

 それでもまだ準備が整っていない相澤は《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》起動から《砕土/Harrow》+《探検/Explore》。ここで《稲妻/Lightning Bolt》でも引ければ話が違うのだが、ドローした《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》を置いてフルタップでエンド。当然坂本の《カルガの竜王/Kargan Dragonlord》を全力でレベルアップしての8点アタックを受け、相澤のライフはわずかに3。

 ここでようやく相澤は《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》を置いてからの《砕土/Harrow》で一気に《山/Mountain》4枚をサーチ、《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》の力で盤面を一掃する。間に合うか。

 だが坂本は1マナ立たせて《燃えさし運び/Ember Hauler》をキャスト。相澤のライフは実質残り1点だ。

 相澤はやむなく《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》で11体ものトークンを並べるが、エンド前に《燃えさし運び/Ember Hauler》で2点と、上陸なしの《焼尽の猛火/Searing Blaze》で相澤のライフはきっちり0となった。

 相澤 0-1 坂本

 「結果論だけど、後手1ターン目のディスカードが《原始のタイタン/Primeval Titan》じゃなくて《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》だったら、本体18点で(坂本の使用したフェッチ2枚と合わせて)勝ってたね」と相澤。だがそれは2ターン目のドロー《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》があればこそ、だ。それがプレイミスであると、誰が相澤を責められよう。



Game 2


 今度はお互い7枚キープ。坂本の《ゴブリンの先達/Goblin Guide》を先手の相澤が即座に(といっても山札の上をめくってからだが)《稲妻/Lightning Bolt》する立ち上がり。

 続いて相澤は《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》を起動しつつ《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》を、坂本は《カルガの竜王/Kargan Dragonlord》をそれぞれプレイする。が、相澤は返す3ターン目に《探検/Explore》で《広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse》を置き、《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》のカウンターを3個載せる。最初の《ゴブリンの先達/Goblin Guide》のアタックで《原始のタイタン/Primeval Titan》がめくれているため、4ターン目タイタンは確定だ。

 ここで坂本は少考してから、《ゴブリンの先達/Goblin Guide》をプレイして2体アタック。それでも相澤のライフはまだ15もある。戦闘後に坂本は《カルガの竜王/Kargan Dragonlord》を全くレベルアップさせずにエンド。あえて立てた2マナ、何かあるのか。

 しかし相澤は意に介さず、土地を置いてから予定通り4ターン目に《原始のタイタン/Primeval Titan》をプレイ。即座に《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》を誘発させ、坂本のクリーチャー2体を焼き払う。「このゲームすごいスピーディーだね」と半ば勝ちを確信した様子だが、ここで坂本が驚愕の台詞を放つ。「それで終わり?何もなければ勝ちだけど」


 坂本が公開したのは《稲妻/Lightning Bolt》2枚と《反逆の印/Mark of Mutiny》。

 エンド前に相澤のライフが9となり、メインに《反逆の印/Mark of Mutiny》で奪った《原始のタイタン/Primeval Titan》が《ぐらつく峰/Teetering Peaks》2枚をサーチして11点。

 相澤 0-2 坂本

テーマ : Magic:The Gathering
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ移転しました
Event Coverage & Decklist Archive
晴れる屋トーナメント情報
Twitter
 
プロフィール

晴れる屋ブログ

Author:晴れる屋ブログ
CARDSHOP晴れる屋スタッフによるブログです。

お店の在庫情報や値下げ情報等の最新情報、大会カバレッジ等を掲載中。

ショップはこちらから↓↓↓
英語版品揃え日本一を目指す!
【MTG通販晴れる屋】

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。