スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Round6:三ツ井 英郎VS大橋 俊也(青森)

By Masashi Koyama
スイスラウンド7回戦もいよいよあと2ラウンドを残すのみとなった。
決勝ラウンドに駒を進めるためには5勝1敗1分けが最低ラインのため、4勝1敗のプレイヤーはこの試合を勝つのが最低条件である。

その中から今回フィーチャーに選ばれたのは三ツ井英郎と大橋俊也の二人。
両者共に東北の出身であるらしく、対戦前からその話題で盛り上がっている。

三ツ井が使用するデッキは上陸ボロス。大橋のデッキは独自チューンのタルモポックスである。
特に大橋の使用するデッキはプロツアー予選でも結果を残しており、非常に興味深いアーキタイプだ。

三ツ井曰く「相当相性が悪い」らしいがバーンモードに突入できれば勝ち目はあるとのことで、何とか一勝をもぎ取りたいところだ。


Game1
ダイスで10を出した三井に対し11を出した大橋が先手。
大橋は7枚の手札を見るなり威勢よくキープを宣言したのに対し三ツ井は少し悩んでのキープとなった。

大橋の《強迫/Duress》でゲームがスタート。
三ツ井の手札は

《稲妻/Lightning Bolt》
《ヨツンの兵卒/Jotun Grunt》
《板金鎧の土百足/Plated Geopede》
に土地が4枚というもの。

《稲妻/Lightning Bolt》を抜かれた三ツ井はそのまま《板金鎧の土百足/Plated Geopede》をキャストするが、
これは《破滅の刃/Doom Blade》ですぐさま退場し、次のターンに出した《ヨツンの兵卒/Jotun Grunt》も《小悪疫/Smallpox》で処理されてしまう。
さらに《悔恨の泣き声/Cry of Contrition》を連打されると三ツ井の動きは完全に止まってしまう。

対照的に大橋は《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》、《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》と順調に展開していくが、三ツ井は動けないままだ。
大橋が《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》に《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》を装備させたのに対応して《欠片の飛来/Shard Volley》を、《樹上の村/Treetop Village》には《幽霊街/Ghost Quarter》で対処し、
なんとか時間を稼ごうとはするが、《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》しかキャストできない。

そして、頑強で戻ってきた《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》に《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》がついてアタック、さらに《タルモゴイフ/Tarmogoyf》が大橋の場に降臨すると、三ツ井はサイドボードに手を伸ばした

大橋1-0三ツ井


三ツ井のサイドボーディング
out
《欠片の飛来/Shard Volley》×3
《第二の日の出/Second Sunrise》×1
in
《粉々/Smash to Smithereens》×2
《等時の王笏/Isochron Scepter》×2

致命的な《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》に対処するために《粉々/Smash to Smithereens》を投入、
さらに《等時の王笏/Isochron Scepter》で大橋の手札破壊に対抗する構えだ。

Game2
先手は三ツ井。

《乾燥台地/Arid Mesa》
《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
《粉々/Smash to Smithereens》
《焼尽の猛火/Searing Blaze》
《稲妻のらせん/Lightning Helix》
《稲妻/Lightning Bolt》
《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》

という内容の手札をキープする。対照的に大橋はマリガン、さらに6枚になった手札を見るなりライブラリーに戻し、ダブルマリガン。

お互いの初動は三ツ井が引いてきた《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》を大橋が最早定番となった《小悪疫/Smallpox》で対処するというもの。
三ツ井は土地が2枚で止まってしまい、《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》をキャストする事しかできない。

そして、大橋は先程のゲームを彷彿とさせる《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》から《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》の展開。
これは《粉々/Smash to Smithereens》で対処するものの、大橋の攻勢は止まらない。

2体目の《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》と《悔恨の泣き声/Cry of Contrition》で場と手札の両方で三ツ井を追い詰めていく。
その三ツ井は《悔恨の泣き声/Cry of Contrition》の憑依に対応して《稲妻のらせん/Lightning Helix》を対象となった《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》に打ちこむことでなんとか傷口を広げないようにするが、苦しい状況である。

しかし、ここで引いてきた《板金鎧の土百足/Plated Geopede》の先制攻撃がなんとか盤面を食い止める。
そして、《等時の王笏/Isochron Scepter》に《稲妻/Lightning Bolt》を刻印し、3点火力砲台を作り上げる。

ムカデのおかげで戦線が止まっている間に三ツ井は《等時の王笏/Isochron Scepter》に稲妻を刻印する。
《板金鎧の土百足/Plated Geopede》はまたも《小悪疫/Smallpox》で対処されるが、《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》にはカウンターが3つ貯まりなんとか耐えきれそうな雰囲気である。

そして三ツ井は《稲妻/Lightning Bolt》を生む機械で《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》を処理すると7/1トークンを出してアタック。
ついに攻勢に出る…が、この状況をひっくり返したのは大橋がキャストした《タルモゴイフ/Tarmogoyf》。

この2マナ6/7という化物を三ツ井はどうする事もできず、苦い顔をしながら場を片づけた。

大橋2-0三ツ井

大橋Win!


テーマ : Magic:The Gathering
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ移転しました
Event Coverage & Decklist Archive
晴れる屋トーナメント情報
Twitter
 
プロフィール

晴れる屋ブログ

Author:晴れる屋ブログ
CARDSHOP晴れる屋スタッフによるブログです。

お店の在庫情報や値下げ情報等の最新情報、大会カバレッジ等を掲載中。

ショップはこちらから↓↓↓
英語版品揃え日本一を目指す!
【MTG通販晴れる屋】

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。