スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準決勝:金澤 亮(埼玉) vs. 平山 貴(千葉)

by Yuta Okauchi

sf2


青いデッキ全般に相性がいいと言われるマーフォークを駆り、ここまで土を付けずに駆け上がってきた金澤。大会会場を見渡しても、デッキ選択の時点で、他のプレイヤーの一歩先を行っていたと言ってもいいだろう。

対する平山は、コンボデッキとクリーチャーデッキをメタったバントナチュラルオーダーを選択。クリーチャーデッキとは言え、青いデッキにとって最悪なカードがマーフォークには搭載されている。

《霊気の薬瓶/AEther Vial》である。

このカードが場に出るか否かで、このマッチアップの趨勢は決まっていくかもしれない。

あと2回勝てば優勝。たった一つの栄光をかけて、金澤の『マーフォーク』と平山の『バントナチュラルオーダー』が火花を散らす。
Game1

お互いがマリガンを選択し、6枚ずつの手札でゲームが始まる。

まずは先手の金澤が1ターン目に《霊気の薬瓶/AEther Vial》。2ターン目には《変わり谷/Mutavault》を置きつつ《波止場の用心棒/Waterfront Bouncer》をプレイする。

sf3
一方の平山は自分のメインフェイズにこの用心棒を《剣を鍬に/Swords to Plowshares》で追放すると、《もみ消し/Stifle》をケアして《霧深い雨林/Misty Rainforest》から《島》を探してきておく。
金澤は追加のクリーチャーを呼ばずに、《変わり谷》でアタックするのみ。。

一方の平山は《タルモゴイフ》という心強いクリーチャーをプレイするも、これは《Force of Will》に阻まれる。さらに金澤はエンドに《霊気の薬瓶》から《銀エラの達人/Silvergill Adept(LRW)》を場に送り、クロックを作るとともにドローを進める。

ターンがかえってきて《変わり谷》と《銀エラの達人》でアタック。ダメージ前に《霊気の薬瓶》で《アトランティスの王/Lord of Atlantis(TSB)》を戦場に送り込み、配下のサイズを一段階アップさせる。

島渡りで殴られ続けていてはダメージレースにならないので、平山は自分のメインフェイズで《剣を鍬に》で《アトランティスの王》を追放する。

だが、根本的にクリーチャーも追加の除去も引けてない平山は、結局残った2体のクリーチャーに殴られ続け、最後の望みの《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》が《目くらまし/Daze》されるのを確認したのち、サイドボーディングを開始した。

金澤 1-0 平山

Game2
先手の平山が《貴族の教主/Noble Hierarch》から2ターン目《渦まく知識/Brainstorm》を経由しての《タルモゴイフ/Tarmogoyf》。なかなかいい立ち上がりだと言えるだろう。

一方の金澤は、後手なのでと《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》と《不毛の大地/Wasteland》しかないハンドをキープする。が、これが大裏目に出てしまい、全く《島》を引けない。

事故ってしまった金澤を尻目に、平山は《貴族の教主》をもう一体場に加えると、賛美の力を借りてアタック。一気に押し切ってしまいたいところだ。

なんとか青マナにたどり着いた金澤だが、プレイできたのは《呪い捕らえ/Cursecatcher》であり、この場面では心もとない。その上《大祖始の遺産》は《クローサの掌握/Krosan Grip》で割られてしまう。
sf4


2枚目の《大祖始の遺産》プレイしてドローを進め、《タルモゴイフ》のアタックを1回は軽減する。一方、ここで一気に攻めたい平山は《ロウクスの戦修道士/Rhox War Monk》を盤面に加えようとするも、これは金澤が《Force of Will》でカウンターする。

だが、《タルモゴイフ/Tarmogoyf》はいまだに生き残っており、このクリーチャーが更に「賛美」の力によって巨大なサイズで襲いかかってくる。色マナに不自由な状況では金澤はブロッカーを一気に呼ぶことができず、だんだんとジリ貧になってゆく。

そして止めとばかりに《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》が追加されると、金澤はデッキを片づけた。

金澤 1-1 平山

Game3

金澤はGame1同様1ターン目に《霊気の薬瓶》をプレイするが、これは平山の《Force of Will》に阻まれる。対する平山は《貴族の教主》でスタートを切る。

2ターン目は《銀エラの達人》と《タルモゴイフ》がそれぞれの場に追加される。続けて金澤は《大祖始の遺産》をプレイ。平山はこれにスタックで《貴族の教主》からマナを出して《渦まく知識/Brainstorm》をプレイするも、《Force of Will》も《目くらまし/Daze》もなく、《銀エラの達人》がアタックに行く。

ここからダメージレースに発展するのだが、いかに《大祖始の遺産》があろうとも、ただの2/1クリーチャーと賛美のバックアップを受けた《タルモゴイフ》ではダメージレースにならない。援軍の《メロウの騎兵/Merrow Reejerey》は《目くらまし》され、《霊気の薬瓶》は《クローサの掌握/Krosan Grip》で即退場。みるみる金澤のライフが減ってゆく。
だが、この《クローサの掌握》こそが金澤の望んだ展開だったのだ。《タルモゴイフ》に向けてとっておきの《精神支配/Mind Harness》!

呪文を使い果たしていた平山はこれを通さざるを得ず、ダメージレースは一瞬でひっくり返る。というより、そもそもレースになってない。おまけに金澤が続けてプレイしたのは《行き詰まり/Standstill》!

この最強のストッパーが金澤にカードを与え、《剣を鍬に/Swords to Plowshares》を《タルモゴイフ/Tarmogoyf》に撃つしかできない平山を、《変わり谷》2体を追加して押し切った。

金澤 2-1 平山

青いデッキを蹴散らして、金澤亮が決勝進出!

金澤亮 Win!

テーマ : Magic:The Gathering
ジャンル : ゲーム

ブログ移転しました
Event Coverage & Decklist Archive
晴れる屋トーナメント情報
Twitter
 
プロフィール

晴れる屋ブログ

Author:晴れる屋ブログ
CARDSHOP晴れる屋スタッフによるブログです。

お店の在庫情報や値下げ情報等の最新情報、大会カバレッジ等を掲載中。

ショップはこちらから↓↓↓
英語版品揃え日本一を目指す!
【MTG通販晴れる屋】

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。