スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Round 6:仙波 恒太郎(千葉) vs. 夏目 拓哉(山梨)

By Yusuke Ousaka



 現在5勝0敗1分けで勝者はベスト8が確定する重要なデュエルだ。

 二人は去年のALMC(年度の関東レガシーチャンピオンを決める大会)で上位に入賞したレガシーの強豪である。

 ALMCでは仙波は《冷淡なセルキー/Cold-Eyed Selkie》入りのZooでベスト4、夏目は青黒フェアリーを使用してベスト8に入賞したのだが、互いに予選ラウンド、決勝ラウンド共に浅原晃にのみ負けたそうで、二人通算で4連敗を喫したらしい。浅原はプロとしては有名だが、レガシーを日常的にプレイしているわけではない。その浅原がレガシーの強豪である二人を倒したというエピソードは浅原の神通力を思わせる。

 夏目はレガシーの大会に50回以上参加している根っからのレガシープレイヤーだ。
ニコニコ動画にうpされている五竜杯やグランプリのマジック動画編集長でもある。

 仙波はレガシー大会には10回程参加しているプレイヤーだが、先日行われたリミテッドのPTQで優勝するなど、レギュレーションを問わず幅広く活動する千葉の強豪として知られている。

仙波 「先輩の胸を借りるつもりでやります」

 と、実績と年齢の共に上である仙波のボケなどもあり、和気藹々ムードでゲームスタート。
Game 1

 ダイスロールで仙波が6、夏目が12で夏目の先攻。

 12を出した夏目を恨むように、仙波が台をパンチ。通称「台パン」。最近のブームである。

 1ターン目は互いにフェッチランドを出すのみ。

 先手の夏目が2ターン目に《相殺/Counterbalance》をキャスト。

 後手2ターン目の仙波は《強迫/Duress》をキャストするのだが、夏目の手札の強さに長考。

 《Force of Will》、《渦まく知識/Brainstorm》2枚、《ロウクスの戦修道士/Rhox War Monk》の中からコンボを決めにいくために《Force of Will》を捨てさせる。

 3ターン目に夏目は3枚目の土地は置けずに、《タルモゴイフ/Tarmogoyf》をキャスト。

 返すターンで《渦まく知識/Brainstorm》をキャストした仙波だが、《相殺/Counterbalance》で《貴族の教主/Noble Hierarch》がめくれて、うっかりカウンターされてしまう。手札に《暗黒の儀式/Dark Ritual》2枚、《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》、《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》を持っており、《相殺/Counterbalance》でめくれるカード次第ではこのターンに《むかつき/Ad Nauseam》まで繋げる事ができた仙波は、苦虫を噛み潰したような表情。

 この《相殺/Counterbalance》と《渦まく知識/Brainstorm》2枚がプチ独楽バランスとして機能してしまい、思うように動けない仙波は《タルモゴイフ/Tarmogoyf》にライフを削りきられてしまった。

 今日はALMCと竜王杯レガシーが同日開催になってしまったために、レガシープレイヤーはどちらに行くかを選択することになってしまい、仙波は竜王杯を選んだ要素の一つとして「カバレージがあるから」と言っていた。カバレージでフューチャーマッチに呼ばれるという事は大抵のプレイヤーにとって嬉しい事だ。今回協賛の晴れる屋店主斉藤友晴は、「カバレージは多ければ多いほどいい」と言っているので、今後も晴れる屋協賛の大会では、多数のカバレージライターが投入されることであろう。

 さらに、話題は枝葉に分かれていくが、斉藤 友晴がやっているトレードブースは非常に盛況で、「今度はもっとたくさんカード持ってきます」と言う方もいたくらいだ。斉藤友晴はどんな価値の無いカードでもある程度の値段としてトレードを行うので、家に眠っている使わないレア等を持ってトレードに来れば、思わぬ宝に化ける可能性がある。

Game 2

 先攻は仙波。

 仙波の初動は《思考囲い/Thoughtseize》。

 《目くらまし/Daze》、《Force of Will》、《タルモゴイフ/Tarmogoyf》、《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》、《渦まく知識/Brainstorm》、土地2枚という、これ以上ないくらい強い夏目の手札。

仙波 「手札強いなー」

夏目 「よく言われます」

仙波 「田中久也さんはもっと優しい手札だったよ」

 小考の後、《Force of Will》を捨てる。

 夏目は島を置くのみ。

 仙波の2ターン目、《強迫/Duress》、《闇の腹心/Dark Confidant》、《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》を持つ仙波はプレイ方針を悩んだ末に、《目くらまし/Daze》で《闇の腹心/Dark Confidant》を打ち消されないように、《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》から《強迫/Duress》、《闇の腹心/Dark Confidant》を展開するプランを選択。夏目は《強迫/Duress》にスタックで《渦まく知識/Brainstorm》。

 公開された夏目の手札は、《目くらまし/Daze》、《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》、《剣を鍬に/Swords to Plowshares》、《タルモゴイフ/Tarmogoyf》、土地2枚。何を捨てても《闇の腹心/Dark Confidant》が場に残らないため、仙波の選んだ安心プランが裏目に出てしまう。

 その後、夏目は《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》、《タルモゴイフ/Tarmogoyf》と展開を進めていくが、仙波はその間、コンボに繋がるカードを引けずに、敗北してしまった。



夏目 2-0 仙波
ブログ移転しました
Event Coverage & Decklist Archive
晴れる屋トーナメント情報
Twitter
 
プロフィール

晴れる屋ブログ

Author:晴れる屋ブログ
CARDSHOP晴れる屋スタッフによるブログです。

お店の在庫情報や値下げ情報等の最新情報、大会カバレッジ等を掲載中。

ショップはこちらから↓↓↓
英語版品揃え日本一を目指す!
【MTG通販晴れる屋】

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。